紅ズワイガニは本ズワイガニに勝る旨さをもっているのに、そのホントのおいしさが知られていません。このサイトではベニズワイガニの魅力をさぐります。

紅ズワイガニの食べ方 紅ズワイガニ産地

1匹500円でもけっこう楽しめる寺泊の未冷凍の紅ズワイガニの実態

投稿日:

紅ズワイガニ

 

冬の寺泊。魚のアメ横。

歳の暮れの2017年12月29日。

新潟県の寺泊に行ってベニズワイガニを買ってみました。

年末ですから、寺泊の魚屋さんには、タラバガニや本ズワイガニがずらりと並んでいますが、けっこうなお値段です。

そんななかで、佐渡産の紅ズワイガニが安く売っていたので買ってみました。

買ったお店はこちら。角上魚類です。

角上魚類

数種類の紅ズワイガニが売られていましたが、今回は1匹500円のヤツを買ってみました。

角上魚類

 

ま、500円なんで、それほど大きくはありません。カラダの色も真っ赤とゆーよりオレンジ色です。

紅ズワイガニの殻は比較的に柔らかいので、素手で立ち向かうことができます。

脚を1本ずつ切り離しながら、食べていきます。

顔はこんな感じです。

ベニズワイガニ

もぎ取った脚に折れ目を入れます。

紅ズワイガニ

んで、ずるっと身を引き出します。

すでに日本酒は用意されています。

紅ズワイガニ

どうです?

とても甘くてみずみずしい味です。水っぽいんじゃないんですよ。ジューシーなんです。

こっちの小さい脚の方にも肉がちょっぴり入ってますので、丁寧に引き出して食べます。

紅ズワイガニ

脚を食べ終わったら、胴体にとりかかります。

紅ズワイガニ

裏ブタをはずします。

500円なんで、ミソはちょっぴりです。

紅ズワイガニ

身を取り出しやすいように胴体を切り離します。身を出していきます。

紅ズワイガニ

胴体の肉をカニフォークを使って取り出し、甲羅に集めます。

ごちそうさまでした。

紅ズワイガニ

寒い冬に、寒いところで未冷凍の紅ズワイガニを買い、日本酒とともに食べる。

これはやめられませんな。

ハズレなしの「未冷凍」紅ズワイガニ取り寄せランキング

No.1 兵庫県香住漁港産 未冷凍「香住ガニ」

ハズレのない紅ズワイガニを選ぶならまずはコレです。
ブランド紅ズワイガニの草分け、兵庫県の「香住ガニ」のゆでたて未冷凍モノです。

No.2 新潟県かにや横丁 盛紋丸の未冷凍紅ズワイガニ

未冷凍の紅ズワイガニにとことんこだわる新潟県能生のかにや横丁に店を構える盛紋丸さんです。

No.3 鳥取県境港産 未冷凍 紅ズワイガニ

水揚げ当日に茹で上げ、即日出荷される紅ズワイガニ。
本場、鳥取県の境港からのカニです。未冷凍なので紅ズワイガニが持つ繊細な味と風味を楽しめます。

-紅ズワイガニの食べ方, 紅ズワイガニ産地

Copyright© 紅ズワイガニが好き。ホントにうまいカニはこれ。 , 2022 All Rights Reserved.