紅ズワイガニは本ズワイガニに勝る旨さをもっているのに、そのホントのおいしさが知られていません。このサイトではベニズワイガニの魅力をさぐります。

紅ズワイガニの食べ方

移動販売車で売られていたベニズワイガニ。6匹+おまけ1匹で2000円。もちろん未冷凍

更新日:

 

新潟県の県道を走っていたら、「かに ゆでたて」の看板を発見しました。

カンバンに従って進むと、軽自動車にベニズワイガニが並べられて販売されていたので買ってみました。

販売台の上に人工芝ふうの敷物があり、その上に氷が敷かれていて、さらにそのうえに、ベニズワイガニが腹を上にして並べられています。

今日茹でられたベニズワイガニで、お値段は6匹で税込2000円。

1匹おまけしてもらったので全部で7匹。1匹あたり実質286円(税込)です。

販売しているおじさんの云うには、ゆでたてのベニズワイガニを30年以上、売っているそうです。

ポリ袋に入れてくれました。


海外産のズワイガニは、茹でた直後にガチガチに冷凍され、それが輸入されて日本で販売されています。

ベニズワイガニは日本近海で獲れるカニですが、店頭にならぶベニズワイガニをよく見てみると、輸入ズワイガニ同様、ガチガチに冷凍されたものが売られていることに気づきます。

このいったん冷凍されたベニズワイガニの解凍ものと、茹でたあとに冷やされただけのベニズワイガニは、見た目はほとんど同じですが、味は全然違います。

「ゆでたて」として本日販売されていた未冷凍モノのベニズワイガニです。

値段が値段なので、型も小さいし、身の入り方もそれほど期待はできません。

しかし、このみずみずしさ。

これは冷凍モノのベニズワイガニやズワイガニでは味わうことができないものです。

 

家に帰って、袋をあけてみます。

一番上の脚が足りないカニがおまけのカニです。

日本酒を用意して、ベニズワイガニはお皿に並べます。3人ですので、一人2匹の勘定です。

ベニズワイガニの殻は柔らかいので、脚をプチっと手で折ると、みずみずしい身がするりと出てきます。

 

 

細くて小さい脚ですが、それぞれに身が入っています。

脚を食べたあとは胴体にとりかかります。

甲羅がわを下にして、腹部を引きはがします。

ま、値段が値段なんで、カニミソは期待できません。

甲羅のほうは。

ちょっとしょっぱいですが、カニエキスが入っています。

ここに胴体からほぐした身を入れていきます。

んで、ぬるかんを飲んでから、いっきょにこのカニをずるずるとすすると至福のときが訪れます。

 

 

ハズレなしの「未冷凍」紅ズワイガニ取り寄せランキング

No.1 兵庫県香住漁港産 未冷凍「香住ガニ」

ハズレのない紅ズワイガニを選ぶならまずはコレです。
ブランド紅ズワイガニの草分け、兵庫県の「香住ガニ」のゆでたて未冷凍モノです。

No.2 新潟県かにや横丁 盛紋丸の未冷凍紅ズワイガニ

未冷凍の紅ズワイガニにとことんこだわる新潟県能生のかにや横丁に店を構える盛紋丸さんです。

No.3 鳥取県境港産 未冷凍 紅ズワイガニ

水揚げ当日に茹で上げ、即日出荷される紅ズワイガニ。
本場、鳥取県の境港からのカニです。未冷凍なので紅ズワイガニが持つ繊細な味と風味を楽しめます。

-紅ズワイガニの食べ方

Copyright© 紅ズワイガニが好き。ホントにうまいカニはこれ。 , 2022 All Rights Reserved.