紅ズワイガニは本ズワイガニに勝る旨さをもっているのに、そのホントのおいしさが知られていません。このサイトではベニズワイガニの魅力をさぐります。

紅ズワイガニ産地

ベニズワイガニを通販で取り寄せする場合の産地についての考察

更新日:

年末年始にどんなカニを取り寄せるか?

お正月も近い。

年末年始にカニでも取り寄せするかと考えることができるあなたは幸せです。

で、カニのお話。

花咲ガニ、毛ガニ、タラバガニ。カニにもいろいろありますが、日本人の繊細な味覚にばっちりヒットするのはなんといってもズワイガニです。

ズワイガニは、水揚げされる各港によってブランド化され、「越前ガニ」「松葉ガニ」「間人(たいざ)ガニ」、「加納がに」などと呼ばれています。

これら、ブランドもののズワイガニはそのおいしさが保証されている反面、価格も高いものになっています。

価格のこなれたズワイガニが通販で出回っていますが、それらの安価なズワイガニは、ガチガチに冷凍された輸入品であることが一般的です。

大枚をはたいて高級ブランドガニをちょっぴり買うか、輸入のリーズナブルな冷凍ガニをたくさん買うか、それはお好みですが、もう1つの選択肢があります。

それは、同じズワイガニの仲間、紅ズワイガニ(ベニズワイガニ)を買うことです。

紅ズワイガニとは何か

紅ズワイガニは、高級ブランドガニであるズワイガニと同じ、ズワイガニ属のカニです。

紅ずわいがには、身体の色をのぞけば、姿形はほぼズワイガニと同じです。

ズワイガニと紅ズワイガニの違い

ズワイガニが底引き網で捕獲されるのに対して、紅ズワイガニは「カニかご」と呼ばれる専用のカゴを使って大量に捕獲されます。

身の入りはズワイガニに劣りますが、紅ズワイガニの身の甘さとジューシー感はズワイガニを越えます。

それでいて価格は安い。

個体差が大きいのであたりはずれはありますが、ネット通販で流通する「未冷凍モノ」の選別された紅ズワイガニはほぼ間違いない「うまくて安いカニ」と言えます。

紅ズワイガニの旬と漁期

紅ズワイガニは、ズワイガニに比べて漁期が長いのも特徴です。

たとえば、紅ズワイガニの1つの産地、新潟県の能生では、毎年1月~2月末日の間がベニズワイガニ禁漁期です。

1年のうち10カ月、3月1日から12月31日までは漁ができるということですね。

この漁期は地方によって違います。

たとえば、紅ズワイガニの水揚げ日本一を誇る鳥取県境港での漁期は、9月1日~6月30日です。

また、兵庫県の香住での紅ズワイガニの漁期は、9月1日~5月31日です。

このように、ほぼ年間をとおして捕れる紅ズワイガニは、水温が低く、温度変化もあまるない深海にすんいるので、はっきりした旬がないと言われています。

つまり、いつ食べてもおいしいということです。

紅ズワイガニの産地

ハズレなしの「未冷凍」紅ズワイガニ取り寄せランキング

No.1 兵庫県香住漁港産 未冷凍「香住ガニ」

ハズレのない紅ズワイガニを選ぶならまずはコレです。
ブランド紅ズワイガニの草分け、兵庫県の「香住ガニ」のゆでたて未冷凍モノです。

No.2 新潟県かにや横丁 盛紋丸の未冷凍紅ズワイガニ

未冷凍の紅ズワイガニにとことんこだわる新潟県能生のかにや横丁に店を構える盛紋丸さんです。

No.3 鳥取県境港産 未冷凍 紅ズワイガニ

水揚げ当日に茹で上げ、即日出荷される紅ズワイガニ。
本場、鳥取県の境港からのカニです。未冷凍なので紅ズワイガニが持つ繊細な味と風味を楽しめます。

-紅ズワイガニ産地
-,

Copyright© 紅ズワイガニが好き。ホントにうまいカニはこれ。 , 2022 All Rights Reserved.